INFORMATION

ブログ

クライメートニュートラルな製造業を目指して

 

 

 

皆さま、こんにちは!

  

 

いつもボルボ・カー虎ノ門のINFORMATIONを

ご覧いただき、誠にありがとうございます❁

  

 

 

ボルボ・カーズは先日カナダにて開催された

世界最大の環境サミットの一つである

G7海洋協力サミットに参加いたしました。

また、ボルボはこのG7サミットに招待された唯一の自動車メーカーです。

 

このサミットではボルボの新型車に使用するリサイクル素材の割合を

大幅に増やすことを目指した「プラスチック・ビジョン」など

独自のサステナビリティ・プログラムを発表いたしました。

 

 

ボルボ・カーズは環境の影響を

最小限に抑える事を目標としており、

自動車産業の中でももっとも意欲的な

サステナビリティ・プログラムを掲げています。

プラスチックによる海洋汚染を減らし、より多くのリサイクル素材を

自動車に使用するという取り組みはこのプログラムの重要な要素となります。

ボルボ・カーズは自動車メーカーとして初めて、また唯一、

G7海洋プラスチック憲章の支持を表明しています。

 

 

ボルボ・カーズは2025年までに新たに発売されるボルボの新型車に使用する

プラスチックの最低25%をリサイクル素材にする目標を掲げました。

この目標の可能性を検証するため、ボルボ・カーズは

XC60T8TwinEngine(PHEV)の特別仕様を製造し

安全性や品質を犠牲にすることなく

リサイクル材料を組み込むことが出来ることを証明しました。

 

 

 

 

また2019年末までに全てのオフィスや食堂、

イベントからの使い捨てプラスチックを根絶することを発表しております。

 

 

 

 

ボルボ・カーズは製品および事業のいずれにおいても、

環境への影響を低減させることに幅広く取り組んでいます。

 

 

ボルボ・カーズのプラスチック汚染削減に関する詳細は

Volvo Car Japanのプレスリリースをご覧ください。

 

 

 

商品のご予約・お問い合わせ

□■ ボルボ・カー虎ノ門 ■□

☎ 03-6721-2012

WEB予約:https://toranomon.vc-tokyo.jp/yoyaku/

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS FEED https://toranomon.vc-tokyo.jp/news/feed?feed=rss